映画
アニメ
ゲーム

『X-MEN:アポカリプス』ジャパンプレミア開催!“神”松平健とセクシー衣装の吉木りさが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アポカリプス

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、『X-MEN:フューチャー&パスト』のストーリーを締めくくるシリーズ最新作『X-MAN:アポカリプス』が8月11日から日本公開となる。

本作のスペシャルプレミアイベントが8月1日に都内で開催され、シリーズ最強の敵アポカリプスの日本語吹替えを担当した俳優の松平健とグラビアアイドルの吉木りさが出席した。

アポカリプスの配下である女戦士サイロックのコスチューム姿で登場した吉木は「大学生のころに『X-メン』を見てから一気にハマりました!毎回壮大なアクションとストーリーに目が離せなくて、新作は必ず見ています!」とシリーズファンであることをアピールした。

そして、ステージ上に設置された巨大なアポカリプス像が真っ二つに割れると、中から本作でアポカリプスの吹き替え声優を務めた松平が雰囲気たっぷりで登場すると「アポカリプスはX-MENシリーズ最強の敵と言われていますが、決して悪役ではございません。この堕落した世界を正す、いわば世直しの神として登場したわけです。その魅力を感じて頂きたいです」と挨拶した。

松平はセクシーなサイロック衣装の吉木に対する印象を聞かれると、目のやり場に困りながら「いや、あー・・・頼もしいですね(笑)」と恥ずかしそうにコメントすると会場からは笑い声が上がった。

サイロックは刀を駆使して戦うキャラクターということで、「暴れん坊将軍」こと松平が吉木に刀の振りを指南する場面も。そして「X-MEN成敗に向けての一刀」として、松平は「X-MEN、覚悟せよ!」と力強く一刀入魂しイベントは終了した。

アポカリプス2


『X-MEN:アポカリプス』
8月11日(木・祝) TOHOシネマズ スカラ座他3D/2D全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 MARVEL (C)2016 Twentieth Century Fox
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/xmen/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください