伝説のSFコミック『BLAME!』劇場アニメ化決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラム

講談社「アフタヌーン」にて1997年から2003年に連載された弐瓶勉のデビュー作『BLAME!』。独特の世界観と描写によってコアなSFファンの心を掴み、世界中のクリエイターに影響を及ぼしたSF漫画の金字塔が遂に劇場アニメ化決定!

今回、劇場アニメ『BLAME!』のキービジュアル第一弾が解禁され、ティザーサイト、公式Twitter、Facebookがオープンした。

人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いた本作は、その独特の世界観や圧倒的なスケール感、そしてソリッドでハードなアクション描写で、国内だけでなく、海外の映像クリエイターやアーティストからも圧倒的な支持を得ました。幾度となく映像化への期待が寄せられた本作が、連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け劇場アニメ化される。

監督は、『シドニアの騎士』で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、『亜人』をよりスピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之が担当。アニメーション制作は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』や『トランスフォーマー プライム』など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、『シドニアの騎士』で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。さらに本作では、原作者・弐瓶勉がシナリオやキャラクターデザインをはじめとしたクリエイティブディレクションの中核を担い、自らがプロジェクトへフルコミットしている。

さらに、7月21~24日に米・サンディエゴにて開催される世界最大級のカルチャーイベント「コミコン(COMIC-CON INTERNATIONAL 2016)」に『BLAME!』スタッフ陣の参加が決定した。原作者・弐瓶勉、監督の瀬下寛之らスタッフが登壇し、本作の最新情報を全世界に向けて発表するほか、トークショウやサイン会などの実施を予定している。

<STAFF>
原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東亜重工動画制作局

<CAST>
coming soon

公式HP:http://www.blame.jp
公式Twitter:@BLAME_anime ハッシュタグ:#BLAME_anime
公式Facebook:https://www.facebook.com/BLAME.anime/

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

新装版 BLAME! 1-6巻セット [ 弐瓶勉 ]
価格:11664円(税込、送料無料) (2016/7/20時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください