映画
アニメ
ゲーム

ドキュメンタリー映画『園子温という生きもの』いよいよ明日公開!絶賛コメント多数到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

園子温_合体画像

常に時代を挑発し、世の凝り固まった常識に疑問符を投げかける映画監督・園子温にスポットを当てたドキュメンタリー映画作品『園子温という生きもの』が、あす5月14日(土)より新宿シネマカリテで公開となる。

今回、各界の著名人からまさに支離滅裂とも言えるユニークな絶賛コメントが到着した。

本作は、2014年にMBS「情熱大陸 映画監督・園子温」を手掛けたドキュメンタリー映像作家・大島新が、テレビには収まりきらない規格外のその人物の魅力を描きたいという想いで、放送後の2014年9月から一年にわたって撮影を敢行。撮影現場での姿のみならず、自身の考える“表現”論、映画という枠を飛び越えた多岐に渡る活動、ごく普通の夫としての姿など様々な表情をつぶさに捉えたものになっている。

本作の公開を14日に控え、各界著名人から絶賛コメントが到着! 倉本美津留 (放送作家)、辛酸なめ子 (漫画家・コラムニスト)、水道橋博士(浅草キッド/漫才師)、中園ミホ(脚本家)、深水元基(俳優)、松江哲明(ドキュメンタリー監督)、茂木健一郎(脳科学者)、モルモット吉田(映画評論家)とユニークな面々から寄せられたが、あまりに支離滅裂でとても同じ人物について語られたものとは思えないほど。それこそが、“生きもの”としての園子温の多面的な魅力を伝えるものになっている。

『園子温という生きもの』に寄せられた絶賛コメント(五十音順)

園子温は念の天才だ。決して観念せず、邪念も疑念も執念で丹念に念写して我々に見せてくれる。園が念力を使えるのは何故か?その理由はこの作品を観ればわかる。
倉本美津留 (放送作家)

作品が生まれる時のエネルギーがうずまいていて、この映画自体がパワースポットです。
辛酸なめ子 (漫画家・コラムニスト)

園子温ほど人生が映画的ストーリーに満ちた監督は稀有だ。しかし、園子温ほど他人が監督するのが難しい生き物はいない。よくぞ、これほどまで長く定点観測が出来たものだと感心する傑作ドキュメンタリー。
水道橋博士(浅草キッド/漫才師)

就活中の息子とこの映画を観た。ドヨ~ンとしていた息子が、観終わると、澄みきった青空を見上げたような顔をしていた。そんな若者達に一番観て欲しい。
中園ミホ (脚本家)

園さんと同じ時代を生きられ、作品に参加できたこと、こんな名誉なことはない。この映画を観れば、その理由がわかるよ。
深水元基 (俳優)

この国がさらに窮屈になることは間違いないので、心にジョーズ(の模型)を持ち続ける男の生き方は見ておいた方がいい。たとえ反面教師になったとしても、だ。
松江哲明 (ドキュメンタリー監督)

この男を見よ! 愛を活力源とし、自由の「空気」をつくる天才。破茶目茶で筋が通ったその生き方は、脳がふるえるほど面白い。ガガガと走りたくなるゾ。
茂木健一郎 (脳科学者)

インタビューや撮影現場で見てきた園監督は、誠実だけど欲望に忠実で、常識人かつ狂人だった。
このドキュメンタリーは、今まで一面しか映されなかった “ソノ・シオンのすべて”。
モルモット吉田(映画評論家)

『園子温という生きもの』
5月14日(土) 新宿シネマカリテにてロードショー
園子温監督作品『ひそひそ星』と同時ロードショー!
配給:日活
(C)2016「園子温という生きもの」製作委員会
公式HP:http://sonosion-ikimono.jp/

園子温 監督初期作品集 [ 河西宏美 ]
価格:21254円(税込、送料無料)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください