映画『ヒーローマニア-生活-』 本音トーク満載!<東出昌大×豊島圭介監督>対談映像が到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヒーローマニア

人気漫画家・福満しげゆきの代表作「生活【完全版】」を実写映画化した『ヒーローマニア-生活-』が5月7日(土)より全国ロードショーとなる。

今回、主演の東出昌大と豊島圭介監督の本音が満載な対談映像が到着した。


公開された映像では、主演の東出と豊島監督が本作の撮影時の様子や各キャストが演じた役柄について振り返る。長身の東出が頭をバンバンぶつける映画を撮りたいと、かねてから考えていたという監督。「東出くんのあんな表情が沢山撮れて本当に僕は幸せでした」と、ヘタレな主人公・中津を演じて新たな一面を開花させた東出を称賛。ヘタレ役を演じて楽しかったと返す東出は、「本当に和気あいあいと撮っていたのが画にも出ている。みんな良き一夏の思い出になっていると思います(笑)」と撮影を振り返り、対談中の終始笑いが絶えない二人のやりとりからも、明るい撮影現場の様子が窺える。

また、中津の相棒・土志田を演じた窪田について「アクションがもう絶品です!それでまた土志田のド変態さが可愛いですよね」とコメントする東出に対して、「パンツに関する土志田の芝居は全部窪田くんのアドリブです。パンツをあんな丁寧に扱うと思わなくて僕もビックリしました(笑)」と、監督から意外な事実が告げられる場面も。さらに、初のホームレス役に挑んだ船越の話題になり、撮影中も全ての要求に応えてくれたことを監督が明かすと、「あんな船越さん見たことなかったです。見ているこっちが、監督そんな事頼んでいいのかなと思うくらい。本当にすごかったな」と東出もその役者魂に改めて感嘆。「お客さんが知らないキャストたちの表情を撮ることが狙いだった」と語る監督の言葉どおり、各キャストが見せる振り切った演技は必見!超個性的キャラクターのヒーローたちを、是非本編でチェックしよう!





【ストーリー】
サラリーマンをリストラされ、さっぱりうだつの上がらない中津(東出)は、コンビニでバイトするフリーター。ある時出会った、謎の身体能力を誇るニート土志田(窪田)、情報収集力抜群の女子高生カオリ(小松)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”の日下(片岡)と町を守る自警団を結成し、社会が裁ききれない小さな悪を天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始める。それはやがて、市民の賛同を得るようになり、自警団は巨大な組織に成長。日下がスカウトしたホームレス宇野(船越)を社長とし、低料金の警備サービスを提供する会社<ともしび総合警備保障>として操業を始める。しかし、新しいメンバーの中にはその力を私欲の為に使う者も現れ、秩序は徐々に崩れていく。はたして<ともしび総合警備保障>は、オリジナルメンバーたちは、どうなってしまうのか?事態は予想しないラストへと向かっていく―。

『ヒーローマニア–生活-』
5月7日(土)全国ロードショー
配給:東映/日活
(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
公式サイト:http://heromania.jp


生活〈完全版〉 [ 福満しげゆき ]
価格:843円(税込、送料無料)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください