アニメ

映画『血まみれスケバンチェーンソー』いよいよ公開!舞台挨拶にキャストが血まみれ衣裳でサプライズ登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IMG_9188のコピー

内田理央が主演する映画『血まみれスケバンチェーンソー』。いよいよ3月6日から公開がスタートした。

公開初日に行われた舞台挨拶には、出演者たちが劇衣裳のまま登壇。衣装での登場はサプライズで客席からは大きな歓声が上がった。

イベントでは、内田理央と山地まりのキスシーンがあることがわかり、上映後の舞台挨拶では、その話題に大いに盛り上がり、山地まりは、監督から“長く・エロく”という演出があったことを告白。それに応じた内田は、「長くエロいキス」をしてきてくれたが、笑ってNGを出してしまったことを振り返っていた。映画「血まみれスケバンチェーンソー」はシネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか、絶賛公開中。

IMG_9070のコピー

IMG_9056のコピー

内田「ポップでおバカで青春なスプラッタームービーですが、映画のテーマとして、“少数派の人たちがんばれ!“というメッセージもあります。平和でないと楽しめない映画だと思うので、世界が平和になればいいな、と思いながら公開を迎えました!」

山地「人それぞれ受け止める箇所は違う映画だと思います。実は私は4回観ていて、毎回違うイメージを持ってます。たくさん観て、たくさん笑って下さい!」

佐藤「股間からミサイルを撃つ役は、正直不安でいっぱいでしたが、仕上がりを観た今、自分に惚れ惚れしています。M字開脚でひたすら腰を振るという演技は、CGのない現場では、ひたすらシュールでした(笑)」

玉城「女子学生役を演じるために、ミニスカでも耐えれるように足の毛を全部剃りました。でも、実際はロングスカートだったので、少し残念でした。」

山口監督「原作モノの実写化でガッカリする作品にならないように、ファンの期待を裏切らない作品に仕上げました!」とそれぞれの思いを語った。

【 ストーリー 】
解体屋の娘に生まれ、天涯孤独に生きる正真正銘の無類派スケバンの鋸村ギーコ(内田理央)は、うぐいす学園に通う女学生である。その同級生には碧井ネロ(山地まり)という少女がおり、ネロはその破天荒な言動により周囲から拒絶され孤立をしていた。ネロは孤独であったが、その天才的なマッド・サイエンティストとしての能力を活かし、クラスメイトを次々に改造していき自らの帝国を築きつつあった。
ある日、ギーコが追試を受けようと学校へと向かっていたその時、突如ネロの刺客である爆谷さゆり(佐藤聖羅)がギーコに襲いかかってくる。家業で培ったチェーンソーの技を駆使して間一髪、爆谷を撃退したギーコ。しかし、一難去ってまた一難。今度は、怨憎(読み=ハンゾウ)(玉城裕規)率いる忍者部一同がギーコに襲いかかる。リーダーの怨憎は、もともと女学生であったがネロに性別すらも変えられていた。その姿を見て腹を抱えて爆笑するギーコだが、性別も能力もパワーアップした怨憎に苦戦。そんな中、忍者部戦によって自慢のチェ ーンソーが壊れてしまいギーコは・・・。次々に襲いかかるネロの刺客たち!荒れ狂う学校!果たしてギーコは無事追試を受けられるのか!?なんのこっちゃよく分からない!ハチャメチャな次世代エンターテインメントがここに誕生した!

『血まみれスケバンチェーンソー』
大ヒット公開中!!
企画・製作・宣伝・配給:バップ
公式HP:http://www.vap.co.jp/chimamire/
(C)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください