映画
アニメ
ゲーム

映画レビュー クレイ・アニメファン好きにはたまらない!映画『メアリー&マックス』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



『ハーヴィー・クランペット』で第76回アカデミー賞にて短編アニメ賞を受賞したアダム・エリオット監督・脚本のクレイ・アニメ作品。一日にわずか四秒した撮影できないコマ撮りの手法で五年間の歳月を費やして完成させたのである。
オーストラリアのメルボルンに住む8歳の少女メアリーとニューヨークに住むアスペルガー症候群患者の孤独な中年男マックスが文通での交流を20年間続ける…というお話。
モノトーンを基調とした映像美は、まさに独自の世界観を醸し出している。しかも、細部まで決め細やかに作られている。とにかくクレイ・アニメとしてのクオリティーはハイレベルだ!!
『ハーヴィー・クランペット』では主人公は知的障害者という設定だったが、本作では主人公の一人である中年男マックスはアスペルガー症候群という設定。あまり馴染みのない病気であるアスペルガー症候群の主な特徴を簡潔ではあるが劇中で説明し、マックスの行動を通じてこの病気の症状を観る者にわかり易く理解させる。ドキュメンタリーや教育文化作品よりもこの手のアニメ作品で描いた方が気軽に観られる上により興味と関心を抱かせる。アニメを巧く利用していることは良きポイントだ!!
終盤では人間は不完全な生物だということをはじめ、人間社会の醜さを容赦なく描き、これを観る者に痛感させる。この点は大人向けアニメという観点から言えば、実に味わい深い。
レビュアー:佐々木貴之
『メアリー&マックス』
2011年4月23日(土)より新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー
公式サイト:http://maryandmax-movie.com
配給:エスパース・サロウ
(C)2008 Screen Australia, SBS, Melodrama Pictures Pty Limited, and Film Victoria



関連記事>>
・世界の最高峰を制し、絶賛と賞賛の嵐を巻き起こしたクレイアニメーション『メアリー&マックス』4月23日公開決定!
・クリント・イーストウッド監督最新作『ヒアアフター』で感動的なフィナーレ!第48回NY映画祭レポート PART3

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください