映画
アニメ
ゲーム

乙女ゲーム×少年マンガ 『アルカナ・ファミリア』アフレコインタビュー[デビト役 吉野裕行さん編]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



地中海に浮かぶ小さな島・レガーロ島を舞台に繰り広げられる、タロットカードをテーマにしたイタリアンファンタジー&恋愛ストーリー。“乙女ゲーム×少年マンガ”をコンセプトにしており、恋愛は勿論、アクションも楽しめる作品です。今回はデビトを演じる吉野裕行さんにインタビューしました!

――収録を終えての感想をお願いします。
吉野裕行さん(デビト役/以下吉野):ゲームの収録はどの作品でもそう思いますけど、大変だなぁと(笑)。『アルカナ・ファミリア』に関しては、以前にドラマCDをやらせて頂いて、それから今回のゲーム本編を録ることになったんですけど、本編をやってみてキャラクターを掴むのが難しいなと、改めて思いました。ゲームですからいくつかのルートがあって、自分が主軸の時とそうでない時と、多少、キャラクターが違う味付けになるので、そのさじ加減が難しかったです。また、作品の舞台や世界観に関しては、まだ初めて聞くワードが多かったので、それらを自分の中で理解するのに苦労はありました。
――ドラマCDの収録を終えてからのゲームの収録ということで、印象が変わった点はありますか?
吉野:ドラマCDの時は軸になる部分ではなくて、遊びみたいな要素が強くなるなと思っていたので、早く本編をやった方がいいなと思っていました。
ドラマCDは他のキャラクターと会話をするので、キャラクターがよりどの方向に走っていくかというのが見えやすいんですけど、ゲームの場合は1人でずっと喋らないといけないので、キャラクターとしてどう成長して、どう形になるのか…というのがはっきりと見えなくて、特にデビトは難しかったですね。
――気になったシーンや印象的なシーンはありましたか?
吉野:デビトが、主人公のことをやたらと色々な呼び方をしている所ですね(笑)。お嬢、バンビーナ、フェリチータ、フェル…と、色々な呼び方をするんですよ。勿論、主人公の名前登録を変えたら、フェリチータとかフェルとは呼ばなくなりますけど。中でも「バンビーナ」が一番多いかなと思います。最初から主人公のことを「バンビーナ」って呼ぶんですよ?すごくないですか?(笑)
――吉野さんから見て、演じた「デビト」はどんなキャラクターでしたか?
吉野:悪い人じゃないとは思いますけど…他のキャラクターをあまり知らないんですが、デビトはちょっと癖がありそうな人だと思うので、「私は変わり者よ」という人にオススメするタイプのキャラクターですね(笑)。真っ向勝負じゃないキャラクターです。
――恋愛パートでのデビトはどんな感じになりますか?
吉野:主人公はデビトの言動にハラハラするけど、デビトはハラハラしないです。デビトは自分の流儀があるので、それに忠実に生きているタイプだと思います。仲のいい人もいるので、そんな人たちには、時に振り回されることはありますけど、基本的に女性には振り回されないと思いますね。流儀に則りスマートにやるでしょうし、自分に自信を持っているんですよね。そんな自分に自信がある彼が、恋愛で優しくなるかどうかは是非、プレイして頂ければと思います。これが優しいというのなら、僕は日本男児でよかったと声を大にして言いたいですね(笑)。
――ヒロインについてはどんなイメージがありますか?
吉野:前髪が揃っている子どもだなと(笑)。ファミリーのトップの娘ですから意外と腕が立つ子なんですけど、中身は子どもですね。物を知らない子どもです。箱入り娘らしいです。
――最後に、ゲーム発売を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。
吉野:ドラマCDを聞いて下さった方も、キャラクターのことを何となく掴んでいたりするんでしょうけど、ゲームが本編です。キャラクターの印象も、またちょっと違ったりするかもしれませんよ(笑)。僕もまだゲームの全体像が見えていないのですが、是非、プレイしてもらって、CDで得た知識とまたちょっと見方が変わるかもしれない『アルカナ・ファミリア』の世界を楽しんでもらえたら嬉しく思います。とにかく遊んで下さい!
――ありがとうございました。
公式サイト:http://www.hunex.co.jp/arcana/
(C)HuneX

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください