アニメ
ゲーム

乙女ゲーム×少年マンガ 『アルカナ・ファミリア』アフレコインタビュー[組織の幹部長・ダンテを演じる小杉十郎太さん編]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



地中海に浮かぶ小さな島・レガーロ島を舞台に繰り広げられる、タロットカードをテーマにしたイタリアンファンタジー&恋愛ストーリー。“乙女ゲーム×少年マンガ”をコンセプトにしており、恋愛は勿論、アクションも楽しめる作品です。今回は、今回は、ダンテを演じる小杉十郎太さんにインタビューしました。

――収録を終えての感想をお願い致します。
小杉十郎太さん(ダンテ役/以下小杉):ストーリーが進むごとに状況も色々と変わっていくので、今日はとっても楽しい収録でした。
――ドラマCDの時と比べて、キャラクターの印象が変わったというような所はありますか?
小杉:ドラマCDの収録がかなり前だったので、ダンテというキャラクターを思い出すために最初はちょっと時間がかかりました。今回はゲームの収録でしたが、進んでいく方向によって色々と台詞も変わっていくので、改めて、ダンテってこんなに面白いやつだったっけ?という印象を受けました。内容的には全編コミカルというわけではないんですけど、シリアスな場面もあれば、ちょっとラブラブモードもあれば、レガーロ島の歴史…何故、ダンテが「アルカナ・ファミリア」の幹部長になったのかとか、そういういきさつ的なものも入っていますし、そういう意味ではバラエティーに富んだ内容だったなと。それに、プレイヤーの方が何を選択するかによって受け答えが変わっていきますしね。ダンテは強面で、しかも幹部長なので部下にものを言う時はビシッとしてますけど、意外と純情な所があったり、自分でダジャレを言って自分で笑っていたり、面白くていいヤツですよ!色々と背負っている人なんだろうけど、そういう部分だけではなくて、また違った一面も持ち合わせているキャラクターでしたね。
――「意外と純情な所がある」というこということですが、どんなところで感じましたか?
小杉:彼は好きな子の前ではすごく照れ屋さんなんですよ。僕よりは若いんだけど、設定的にはいい年なので、でもその割には恋愛に関しては結構奥手かなと。そういった部分が純情っていうのかな?さっきも言いましたけど、ダンテは幹部長だし、見た目は強面ですけど、そういうギャップがまたいいんじゃないですかね。
――ダンテを演じる中で、難しかったところはありましたか?
小杉:難しかったというわけではないんですが、プレイヤーの方が選択する言葉によって、感情的に台詞や表現が色々と変化するので、その微妙なさじ加減を気にかけてやりました。
――印象的なシーンなどはありましたか?
小杉:色々なシチュエーションがあって、色んなタイプのダンテが出てくるので、ここが一押し!というのではないですね。全体通して是非、プレイしてほしいですね。
――ダンテも攻略キャラクターですが、恋愛パートではダンテとヒロインはどんな感じになるのでしょうか?
小杉:それはもう、色々ですよ(笑)。あまり言えませんが、色々なシチュエーションが楽しめますね。小さい子たちに手こずらされたりとか、振り回されたりとか。ヒロインとも色んなことをしますから。色々な所に行ったりとかね~とにかくプレイして頂くのが一番ですね(笑)。
――ヒロインというのはどのような印象を受けて、演じられたのですか?
小杉:シチュエーションによって、ヒロインも変わっていきますからね。真面目だったり、お茶目だったり、時々、ちょっと手を焼かされる所があったり、好奇心旺盛だったり、責任感が強かったり…ただ、愛すべき人だなと思いました。何をしても憎めない、何をされても憎めない、愛されるべき何かをもったヒロインだと思います。他のキャラクターとの関係性は知りませんが、他のキャラクターからも愛されたり、心配されたりしていることは間違いないと思います。
――『アルカナ・ファミリア』の世界観や設定についてはどのように感じましたか?
小杉:個性豊かな、色々な人たちがいて、それぞれが何かを背負っていて、でもそこに希望もあるというのかな?みんなの様々な想いが織り交ざっていて、その芯にあるのは「アルカナ・ファミリア」という組織を全員が愛しているというのがいいなと思いました。
――『アルカナ・ファミリア』に登場するキャラクターは“アルカナ”という不思議な能力を持っています。小杉さんがそのような不思議な能力を持つことができるとしたら、どのような能力を手にしてみたいですか?
小杉:癒しの能力かな?こういう大変な時期ですから、色々な人を癒してあげられるような能力があったらいいなと思います。
――最後にゲーム発売を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いします。
小杉:皆さん、大変待たれていたと思いますが、遂にゲームが登場します。僕はカミカミだったんだけどイタリア語も出てきますし、とにかくすごく楽しめる、遊び心満載の作品だと思うので、是非プレイして、皆さんも元気になって頂きたいなと思います。大丈夫です、日本は強い国ですから!
公式サイト:http://www.hunex.co.jp/arcana/
(C)HuneX

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください