アニメ
ゲーム

乙女ゲーム×少年マンガ 『アルカナ・ファミリア』アフレコインタビュー[無鉄砲で元気な少年・リベルタを演じる福山潤さん編]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



地中海に浮かぶ小さな島・レガーロ島を舞台に繰り広げられる、タロットカードをテーマにしたイタリアンファンタジー&恋愛ストーリー。“乙女ゲーム×少年マンガ”をコンセプトにしており、恋愛は勿論、アクションも楽しめる作品です。今回は、リベルタを演じる福山潤さんにインタビューしました。

――まずは、今回の収録を終えての感想をお願い致します。
福山潤さん(リベルタ役/以下福山):ドラマCDの収録時はまだキャラクターを手探りの状態だったのですが、今回はドラマCDで作り上げたキャラクターを土台に演じることができました。僕はドラマCDでほぼ全キャラクターと絡ませて頂いていて、特にリベルタが関わりあるダンテやノヴァの声も性格的なものもかなり分かっている状態でした。ですので、キャラクターがほぼ出来上がっている状態での収録だったので、とてもスムーズに収録出来ています。
――ドラマCDの時と比べて、キャラクターの印象が変わったような所はありますか?
福山:リベルタはとても真っ直ぐだし、バカっぽくないなと思いました(苦笑)。ドラマCDの時はコメディストーリーなので、みんなちょっとバカっぽいことばかりやってましたけど、ゲームでは、リベルタはとても仲間思いで、ヒロインを大事にして、口喧嘩をしているノヴァに対してもそんなに毛嫌いしているということもなく、“好敵手”に近い状態で接しています。それに、他の人に対するリスペクトの気持ちがしっかりある子だなと感じる部分もありましたし。ドラマCDよりも、より一層色々な所が掘り下げられているので、今まで見えなかった所がはっきりと見えるようになりましたね。
――リベルタというキャラクターはどのような印象ですか?
福山:意外と常識人なんですよ、やっていることは無茶苦茶なんですけど(笑)。人と正対する上での常識はしっかり持っている子なので、意外と普通というか…組織っぽくないんですよね。その辺りは他のキャラクターたちと一線を画している感じがします。パーチェやデビトの方が組織っぽいなと思います。だって、デビトなんてまっとうな人生を送れているような雰囲気に見えないでしょ?(笑)
リベルタは、海の男という男くささもあまり感じないので、彼が置かれている場所と環境と彼のポジション、人間性みたいなもののアンバランスさというのがすごく魅力かなぁと思います。
――演じた中で難しかったシーンというのは?
福山:難しかったというのとは違うかもしれませんが、テンションがアッパーな所がずっとあったことです。あとは、ゲームならではの選択肢による分岐点があるので、その辺りですね。収録の都合上、本線という一つの流れがあって、いくつかに分かれる選択肢の先の部分の収録をやってから、また本線に合流するという、合流地点の枝葉と着地点の気持ちの持っていき方というのが、ゲームの収録ならではのテクニカルさといいますか、その部分が多少難しかったというのはあるかもしれませんね。
――気になったシーン、印象に残っている所はありますか?
福山:ダンテが、明らかにドラマCDからフィードバックされたキャラクターになっている所(笑)。(小杉)十郎太さんの声以外ではダンテは考えられないですね。
――他のキャラクターについてはどのような印象がありますか?
福山:ドラマCDでの関係性がとても大きくて、特にリベルタからするとノヴァとの関係性なんですが、ノヴァが代永(翼)じゃなかったら“ノヴァ”を名前で小馬鹿にするというようなアイデアも出なかったと思います。デビトはなかなか絡まないんですけど、彼は彼で「何かやっているな…」と思わせる部分があったり、パーチェはパーチェでトリッキーだったり…。
演じている皆さんとは普段、他の仕事で慣れ親しんでいる方々ばかりですけど、今までの現場とはまた違う雰囲気で、それぞれが今までにない違う一面を出しながら演じているという雰囲気を僕は凄く感じるので、僕もリベルタらしいもの、僕らしいものというのを織り込みながら収録していけたらなぁと思っています。どのキャラクターも面白いですよ!そういえば、僕はあるシーンでみんなのものまねをしなくてはいけないんですよ(苦笑)。リスペクトしながらものまねしているので、ディスっているわけではありません!(笑)
――モンド(パーパ)とスミレ(マンマ)についてはいかがですか?
福山:スミレさんは、ちょっとエロいですよね(笑)。モンドは、見た目は悪い感じがします。組織のボスなので悪い感じの見た目ですけど、意外とそうでもないですよ。それにしても、スミレさんが気になりますね。ドラマCDでは絡めなかったので…この見た目で、あの方の声を想像しながら……とにかくエロいです。男性キャラもとても魅力的ですけど、僕はヒロインやスミレさんなどの女性キャラが大変好みです!ヒロインもツインテールじゃなくて、髪をおろしてくれると最高にいいですね~ツインテールよりもポニーテールの方が好きです(笑)
――『アルカナ・ファミリア』の世界観や設定についてはいかがですか?
福山:映画とか漫画などでもよく題材として扱われていますけど、例えばイタリアを舞台設定にしていても、喋る言葉は日本語じゃないですか。だから、イタリアが舞台という感じのしない作品というのがあったりもしますが、『アルカナ・ファミリア』では、イタリア語がちょこっと出てきたり、空気感が外国らしい雰囲気なので、全体的な台詞は勿論、日本語ですけど、たまに見せるイタリア風な所が作品の舞台がイタリアなんだなというエッセンスになっているなと。僕からするととても新鮮に感じました。
――本作はアドベンチャーゲームでもあり、恋愛ゲームでもありますが、リベルタとヒロインの恋愛はどのような感じでしたか?
福山:リベルタはどストレートですからね~まぁ他のキャラクターたちに比べると想像しやすいと思います。が、はたまたそんな分かりやすい方向にいくのか(笑)。久々に少年らしいキャラクターをやらせて頂いたので、“正統派”感というものが、いかに恋愛面で活かされるのか…楽しみにしていて下さい。
――ヒロインについてはどのようなイメージを持って演じましたか?
福山:この時代には似つかわしくない“絶対領域”を備えていますからね~(笑)。そういえば、僕、最近まで“絶対領域”というものをよく分かっていなかったんですよ。テレビで“絶対領域”についてピックアップされているのをたまたま見て、それから理解したんですけど、そのおかげで最近、絶対領域の魅力を感じるようになってきたので、おっさんになりましたね(笑)。
このヒロインはツインテールで、ふくろうを携えていて、スーツを着ていて、でも、日本人形みたいな雰囲気を持っているという、とてもミステリアスな雰囲気を醸し出しているので、大変魅力的だと思います。ヒロインの個性については、皆さんがプレイしてご自身を反映して頂くものなので、どういう個性だというのは言いませんが…。そういえばさっき、ツインテールよりポニーテールの方が好きと言いましたけど、それ以上に前髪パッツンの方が好きです。僕はツインテール推進派ではないので…いや、ツインテールが可愛い方もいらっしゃるんですけど、なかなか似合う人がいないですからね……これ以上言うと敵を作りそうなので、もうやめておきます(笑)。でも、前髪パッツンで、後ろはストレートというのは最大限、女性の魅力を引き出していると思うんですよ!
――最後にゲームの発売を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
福山:夏場だと、この黒ずくめのスーツ集団は暑苦しく見えるかもしれませんが、秋くらいになるとシックになるんです(笑)。そして、PSPソフトということで、最近のPSPは性能もあがっております。また、イヤホンの性能も素晴らしいので、電車の中でやるもよし、家の中でやるもよし、寝るギリギリまでプレイ出来ます。是非共、他のキャラクターを攻略した後、最後にリベルタを攻略して頂きたいなと思います。オーソドックスが一番だなと思っておりますので、是非、楽しんで下さい。
公式サイト:http://www.hunex.co.jp/arcana/
(C)HuneX

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください